腰痛、ヘルニア、狭窄症、ぎっくり腰などの症例

こういう成果が、
あなたにも出せるようになります。
ご家族の笑顔、
患者様の笑顔、
そしてあなたの笑顔が、
浮かびませんか?

Oさん 横浜市 20代OL 椎間板ヘルニア 足の痺れと痛み(坐骨神経痛)
ぎっくり腰の経験もあったOLのOさん、MRI検査で椎間板ヘルニアと診断されてこちらに来院されました。症状は腰の痛みと右足に痺れと痛みです。特に歩いているときに症状が出るようです。
一番の問題はその腰と坐骨神経痛ですが、私が最初に頚椎を見たときに頚椎も悪いことに気づきました。案の定、上を見るのが辛かったのです。
施術は頚椎の調整と、骨盤周辺の骨格調整のためにブロックテクニックを行いました。ブロックテクニックを行っている最中は、腰の痛みも足のしびれも全くない楽な状態で、リラックスしていただきました。
概ね3回くらいの施術で首が上を向けるようになり、5回目の施術の時には歩くのがかなり楽になったと報告を受けたことが記録されています。

その後も順調に回復し、初診から2ヶ月半、施術回数は8回で一段落させることができました。


Uさん、茅ヶ崎市 30代主婦 椎間板ヘルニア 両足の痛み(坐骨神経痛)
当院に来られる10日前に整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。足の痛みが強く、比較的珍しいケースで、両足に痛みがあったのです。痛みは座っているときに痛い状態でした。

整形外科ではブロック注射をしてもらい座薬を処方されました。しかし、注射で治るものでもなく、いつまでも座薬を使っても治るものでもないと考えて、私のところに来られたのでした。

メインの施術法はブロックテクニック。これをやっていると、腰も足も痛みは出ませんでした。
1回目の施術で部分的に痛みが減少しました。先に左足の痛みがなくなりました。4回目に来られたときは、両足ともに座っていてもかなり楽になっていました。
トータルで9回の施術を行い、一段落させることができました。


Sさん 藤沢市 30代OL 椎間板ヘルニア 右足の痛み(坐骨神経痛)
初診のとき、施術の効果が出て少し楽なりました。しかし、そのあとでハイヒールを履いてお出かけになられたところ、腰と足がものすごく痛くなり、翌朝に当院を訪れました。
もう、泣くほどの痛さだったようです。(実際泣いていました)
この方は、6回目くらいの施術で楽になってきており、10回目の施術の時には、残りあと10%くらいだと本人から言われた記録があります。
当初は相当辛かったようなので、慎重に施術間隔をあけていき、ひと段落したのはおよそ6ヶ月後、施術回数は18回に及びました。

ハイヒールが足や腰に負担をかけるのが実証された形になりましたが、Sさんはそれ以来、運動靴を履くように心がけているようです。


Hさん 鎌倉市 80代主婦 ぎっくり腰 腰痛 
整形外科では骨には異常がないと言われて、痛み止めを処方されていました。しかし、痛み止めで良くなるはずもなく、お孫さんがネットで当院を見つけて連れて来られたのでした。股関節には人工関節が入っていたので、足の長さなど慎重に判断する必要がありました。

施術を行うと、1回目から効果が感じられました。たしか3回目くらいの頃には足も軽くなり、歩くのもすごく楽になったようでした。
私は来院時に必ずご様子をお尋ねするのですが、「嘘のように軽いんですよ。」と、言われたのを覚えています。よほど軽くなったのでしょうね。
無事に6回の施術で一段落させることができました。

高齢だからといって、治らないわけではなく、治りが遅いとも限らないのです。また、当院の私の施術はブロックテクニックをメインに使用しますが、高齢の方でもやさしく、負担なく安全に、効果を出すことができるのです。

余談ですが、お二人いらっしゃるお孫さんは、それぞれの理由で、二人とも私のところに通われ、それぞれの症状を改善されました。


Kさん 横浜市 60代会社員 脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア 歩行困難
紹介で来られたKさんです。重症なのもあって、過去の経緯も教えてくれました。過去にぎっくり腰を何度か経験されており、その度に腰の状態が悪化してきたような感じでした。
整形外科でブロック注射をされた際に、頭痛と吐き気で動けなくなったこともありました。

当院に初めて来られたときは、ぎっくり腰によって腰と左お尻と太ももが痛くて、歩くのが困難でした。病院ではヘルニア狭窄症と診断されました。痛み止めやシップなどを処方されていましたが、それらが効くはずもありませんでした。

自宅でもまともに歩けないので、私は3日間の連続施術を行いました。1日でも早く楽に、歩けるようになることが先決だと考えたからです。しかも・・・年末でしたから私が休みに入る前に、少しでも楽にしておきたかったのです。

記録によると、12/27、28,29日と、3日間連続で施術しています。1日目の施術が終わって帰宅したとき、それまで歩けなかった車から玄関までの距離が、歩けたと言われました。

そしてさらに・・・年が明けて最初の施術の日、なんとついでに、江ノ島に初詣に行ってきたというのです。(当時は当院は片瀬山駅の近くにありました。)
とは言ってもまだ、まだ腰は重たく足もシビレがある状態でした。それでも、初詣するほど歩くことができたのです。

順調に症状は回復し、約5ヶ月、トータル13回の施術で一段落させることができました。
(3月、4月、5月はそれぞれ月に1回ずつの施術間隔です。)

Kさん 鎌倉市 30代主婦 産後の腰痛(妊娠中から)
まだ生まれてない時期に電話をいただきました。すでに腰が痛くて、生まれた後に腰を診て欲しいというのです。数週間後、元気なお子さんをお産みになられたので、来ていただきました。

産後直後は、ホルモンの作用で骨盤が元に戻ろうと締まり始めているので、ある意味、骨盤矯正のチャンスでもあるのです。もちろん、その時も当院ではブロックテクニックをメインに行いました。
日頃の疲れもあって、ブロックテクニックを行っているときは、大分リラックスされていたようです。

1回目から腰は楽になりはじめ、3回目の施術の時には、腰を沿ったり曲げたりしてもOKだと言われました。実は腰だけでなく、背中や肩も張っていたのですが、それも5回目の施術で無事に一段落させることができました。

腰痛があれば尚の事ですが、産後の骨盤調整は腰痛の解消とともに、骨盤を元の状態に閉めて戻す手助けにもなります。
産後、「以前履いていたジーパンが履けなくなってしまった(・・;)」と言うことを防ぐ意味もありますので、美容という観点からも大変役に立ちます。

ヘルニアと言われたり、
狭窄症と言われたり、
老化のせいだと言われたり、
あきらめている方に、
ぜひ、あなたの施術を役立ててください。